お金借りる 即日

お金借りる即日可能ナビ【※今すぐ借りれるカードローンのおすすめは?】

こちらのサイトでは、以下の内容をご紹介しております。
  • 今すぐお金を借りる方法
  • 即日融資対応のおすすめカードローン
  • 色々なお金を借りる方法の比較
結論から言うと、今すぐお金を借りるなら、プロミスアコムをオススメします。借入までのスピードにも定評があり、信頼できる大手で安心感もあります。しかも、初回利用なら30日間無利息で利用できます。

今日中にお金を借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

CMでもおなじみのアコムは、初めてお金を借りる人も安心して利用可能な人気のカードローンです。はじめての利用の場合、30日間無利息で借入れができます。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、【申込み⇒審査⇒借入れ】という一連の流れがネットで完了します。審査スピードにも定評があり、いち早くお金を借りたい多くの方に利用されています。初めての利用なら30日間無利息(※1)で借入できます。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

信頼できる大手がやっぱり安心


今日中に急ぎでお金を借りたい時、あせって変なところで借りて何かのトラブルに巻き込まれてもいけません。その点、

  • アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • プロミスはSMBCグループ

と、大手の有名金融グループのメンバーであるアコムとプロミスは安心感抜群です。いずれも借りるまでのスピードがとっても早いですし、30日間利息ナシで借りることができます。

ユーザーおすすめランキング【即日融資可能】

カードレス

★プロミスの基本情報
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスのWEB完結ばら申込み⇒借入という一連の手続きをネット上で完結することが可能です。手続きの途中、疑問に思うこと何かあればオペレーターの方が電話で丁寧に教えてくれますし安心です。女性オペレーターの対応するプロミスレディースも男女を問わず人気です。

↓※女性でも男性でも利用できます↓
プロミスレディースの詳細を確認する>>

\30日間利息ゼロ円♪即日借りるならプロミス!/

最短即日

★アコムの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム株式会社
『はじめてのアコム♪』のCMでおなじみのアコムは知名度と信頼性を兼ね備えたカードローンです。大手金融グループの一員なので安心して利用できるアコムは、最短即日での借入も可能なので、お金を借りるのが初めてという方はもちろん、早急にお金を借りたい方にもオススメです。
\30日間利息ゼロ円!最短60分での借り入れも可能!/

LPバナー 200x200

★新生フィナンシャル レイクALSAの基本情報
実質年率 4.5%〜18.0%
限度額 500万円
審査時間 お申し込み後、最短15秒で審査結果表示
運営会社 新生フィナンシャル株式会社
即日振込入金により借入をご希望の場合、平日14時までに申し込みと確認書類での本人確認を完了していることが必要です。審査の結果次第ではご希望に添えない場合があります。
\Webからの申込みで最短60分でのご融資が可能!/

LPバナー 200x200

★SMBCモビットの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 三井住友銀行グループ
SMBCモビット
※申込曜日・時間帯により翌日以降の取り扱いになることもあります。

\30代以上の方に特によく利用されています/

【即日融資可能】当サイト厳選の一押しカードローン


今すぐお金を借りるなら


をオススメします!両社とも融資を受けるまでの『申込み⇒審査⇒借入』という一連の流れが非常に迅速なので最短1時間ほどでお金を借りる事が出来ます。

その上さらに、初めての利用なら30日間利息ゼロ円で利用可能です。

今日中にお金を借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

CMでもおなじみのアコムは、初めてお金を借りる人も安心して利用可能な人気のカードローンです。はじめての利用の場合、30日間無利息で借入れができます。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、【申込み⇒審査⇒借入れ】という一連の流れがネットで完了します。審査スピードにも定評があり、いち早くお金を借りたい多くの方に利用されています。初めての利用なら30日間無利息(※1)で借入できます。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

カードローン利用方法と基礎知識

カードローンでお金を借りた経験がまだないという人のためにカードローンの基礎知識を紹介していきます。

申込み可能な人の要件

カードローンでお金を借りるためには、以下のような利用できる人の要件があります。

  • 定期的な収入がある
  • 20歳以上

なぜ20歳以上でなければならないかというと、それはお金を借りるということが法律上の契約行為にあたるからです。契約行為は20歳以上でないとできないのです。

また、貸金業者はお金を貸す代わりに利息を得ています。万一、貸したお金が回収不能になってしまっては経営が成り立たなくなってしまいますので、貸したお金をきっちりと返済していってもらえるように、安定した収入があるということも要件として求められているのです。これら2点の条件は、どのようなお金の借り方であっても基本的には同じことです。

申込み方法について

カードローンでお金を借りようとするときに、はじめてに行うのが『申込み』です。カードローンの利用申し込みを行うにはパソコンやスマホを使ってのネット申込みが簡単です。ご近所に自動契約機や契約窓口があるようでしたらそちらから申し込むことももちろん可能です。

大手の消費者金融は貸付までのスピードに重点を置いてサービスを提供しているところが多いので、即日融資を受ける事が可能なところも多いです。つまり、今日申し込んで今日お金を借りられます。

このサイトにおいても、おすすめのカードローンを厳選してご紹介していますので参考にしてください。

ユーザーおすすめカードローンランキング>>

審査の流れ・在籍確認について

カードローンに申込みをした次のステップとして、「審査」があります。詳細な審査の内容についてはいずれのカードローン会社からも公表されていません。

ですが、返済不能になってしまっては経営が成り立たないカードローン業者貸立場を考えれば、『お金をきちんと返済してくれる人かどうか』といった視点で審査が行われることは間違いありません。審査に関係する項目を以下に列挙します。

  • 住所
  • 電話番号
  • 年収
  • 勤務先
  • 勤務形態
  • 借入履歴

カードローン審査の際、申告した勤務先に確かに在籍しているかどうかを確認するために電話連絡が入ることがあります。(これを『在籍確認』と言います。)この在籍確認の際には、借入を周囲に知られたくない利用者の気持ちに配慮してか、消費者金融の場合は業者名を名乗らずに個人名を名乗って電話してくることが多いです。(ただし、銀行系のカードローンでは銀行名を名乗ることが多いようです。)また、電話連絡での在籍確認をそもそも実施していない消費者系カードローンも存在します。会社にバレずにお金を借りたい方にはこちらをオススメします。

電話連絡による在籍確認がないカードローン>>

金利について

カードローンでお金を借りると利息がかかってきます。カードローン業者この利息が利益になります。これからお金を借りようとする人にとっては、どのくらいの利息がかかってくるのかは気がかりだと思います。

お金を借りたときに発生する利息は下記の計算式によるい計算することが出来ます。
利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

返済の仕方について

借りたお金は今後返済していくことになります。返済は非常に簡単な手続きにより行うことが出来ます。具体的には、指定された返済期日までに、コンビニ等にあるATMに発行されたローンカードを挿入して現金を入金すればいいだけです。

また、カードローン業者各社では、他にも返済しやすいやり方が用意されています。例を挙げると、ご自分の銀行口座からの引き落としで返済する方法、業者指定の銀行口座への振り込み入金で返済する方法などがあります。具体的に用意されている返済方法は、会社によって少しずつ違うことがあるので各社の公式サイトでご確認ください。

お金を借りたら「できれば早く返してしまいたい!」と思いませんか?ここでは、返済を早期に完了するための知恵として【繰り上げ返済】について紹介します。例えば、元々設定されている月々の返済額を仮に5,000円だったとしましょう。そこで、返済する際にはさらに5,000円をプラスして合計10,000円を入金すると、借入残高はその分早く減ることになります。すると、支払う必要のある利息をより少なく済ませられます。最終的には借入残高全額を返済していかないといけませんので、どうせなら余裕を持って早めに返済をするという考え方をすれば、借金の残高はみるみるうちに減っていきます。どんどん前倒しして繰り上げ返済を行っていくのが、結局は後々のことを考えると楽だと思います。

消費者金融、一般には金利が高いと言われることが多いようですが、借入額がそれほど多くなく少額を借りるだけなら、比較的短期間で返済してしまえると思います。大手消費者金融各社においては、借りた翌日からの一定期間、無利息で借入ができるとてもお得なサービスを実施ているところがあります。たとえば、このサイトでもオススメしているプロミスやアコムならサクッと借りて無利息期間である30日以内に返済を終えてしまえば一切利息を支払うことなくお金を借りることだって可能です。

30日間利息ゼロ円で借りれるカードローン>>

総量規制について

貸金業者には貸金業法という法律が適用されます。そして、消費者金融は貸金業法の規制を受ける貸金業者です。その貸金業法の中では利用者保護という観点から『総量規制』というルールが設けられています。そのため、消費者金融は『年収の3分の1以下までしか貸付できない』のです。

つまり、利用者から見れば、消費者金融からは各社合計で年収の3分の1までしか借りることが出来ません。

例をあげて説明すると、仮にあなたの年収が450万円だったとすると、各社からの借入の総合計金額で150万円までしか借りることができないということです。

カードローンのよくある質問

返済の仕方は?

借りたお金の返済は簡単です。お近くのコンビニATMなどから入金することで返済出来ます。そのほか振り込み入金による方法や、口座引落による方法など様々な方法が用意されています。ただ、業者によって多少異なりますので、詳しくは各社公式サイトで直接ご確認下さい。

バイトやパートもカードローンの利用は可能ですか?

カードローンを利用できる方の条件に、「安定した収入があること」があります。パートやアルバイトの方であってもこの要件を満たせますので、カードローンでお金を借りられる可能性があります。

いくらまで借入できますか?

消費者金融の場合、貸金業法の総量規制のルールが適用されるため、各社合計で「年収の3分の1まで」が借入可能な最大金額と言うことになります。例えば、年収300万円の方なら各社合計で100万円までしか借り入れができません。総量規制の銀行系のカードローンであっても、貸し倒れリスク軽減のため、消費者金融の総量規制に準じたルールを独自に設定しています。

お金を借りる会社の数に制限や取り決めはありますか?

カードローンでお金を借りる会社の数に制限はありません。総量規制により、消費者金融からの借入は各社総合計で年収の3分の1までに制限されますが、基本的にはその範囲内であれば借入可能です。ただし、現実問題として借入件数があまりにも多くなってしまうと新たな借入を申し込もうとしても審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。なぜなら、あまりにも多くの借入があると、返済能力の点で問題がある可能性を危惧されるからです。

学生でもカードローンでお金を借りられますか?

学生でも20歳以上で安定した収入があれば借りられる可能性があります。アルバイトによる収入でも「安定した収入」の要件は満たせる可能性があるので、20歳以上のアルバイトをされている学生の方なら借りられる見込みは十分にあります。

身内や会社にカードローンの利用がバレませんか?

カードローンでお金を借りていることをご家族や会社など周囲の方に知られたくないという方も結構いると思います。そんな方は、よくあるバレやすいタイミングに注意してカードローンを申し込むことにより、バレずに借りることも可能です。バレやすいタイミングというのは、1.郵送物の送付、2.在籍確認、という2つのタイミングです。カードローン会社から自宅に郵便物が届くことがありますが、それを見て家族に借入がバレてしまうことがあります。また、カードローン審査の際には、勤務先に在籍確認の電話がかかってくることがあります。このときも借入がバレやすいタイミングです。

このように、在籍確認や郵便物によってカードローンでの借入が周囲に知られてしまう可能性があるので、カードローン申込みのときにカードの受け取り方法や在籍確認に気をつけなければいけないのです。その2つの問題をクリアできるカードローンもあります。電話連絡なし・郵送物なしで利用できるカードローンです。ご家族や会社の方に内緒でお金を借りたいなら、こちらを利用して借りるとよいでしょう。

郵送物ナシ・電話連絡もなしで利用できるカードローン>>

借りたお金の使い道は何でも大丈夫ですか?

世の中のお金の借方には、自動車ローンや住宅ローンなど、借りたお金の使い道が決まっているものがあります。その点、カードローンは借りたお金を何に使うかという制限が有りませんので大丈夫です。

安心安全に女性がお金を借りるには?

こちらのサイトでご紹介しているカードローンならどれでも女性も安心して利用できます。その中でも、女性のオペレーターが対応してくれるプロミスレディースは特に人気です。

少額の借入もカードローンでは可能ですか?

少ない金額の借入でも問題ありません。大手消費者金融各社では、多くの業者は借入するときの最小金額の設定をしていません。中には最小金額を設定しているところもありますが、それでも「1万円〜」となっています。1万円など少額の借入であっても気軽に借りる事が出来ます。

主婦でもカードローンでお金を借りられますか?

本人に収入のない専業主婦の方は借りる事が出来ません。パートなどでお勤めで収入があれば主婦の方でも借りられる可能性はあります。

今日中にお金を借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

CMでもおなじみのアコムは、初めてお金を借りる人も安心して利用可能な人気のカードローンです。はじめての利用の場合、30日間無利息で借入れができます。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、【申込み⇒審査⇒借入れ】という一連の流れがネットで完了します。審査スピードにも定評があり、いち早くお金を借りたい多くの方に利用されています。初めての利用なら30日間無利息(※1)で借入できます。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

お金の借り方は他にもある

ここでは、お金を借りる色々な方法をとりあげます。ただし、いずれも借りたお金の利用目的の限定される借り方など利用条件が非常に厳格な借り方ばかりです。
  1. 手続きが容易で手軽に利用できる
  2. 今すぐにでもお金が借りられる
  3. 大手運営なので安心
  4. 無利息期間がある
  5. 借りたお金の使い道に制限がない
といったことから、やはりプロミスアコムにネットから申し込んで借りるのがベストな借り方です。

生活福祉資金貸付でお金を借りる方法

生活福祉資金貸付制度という公的制度があります。この制度では失業などの事情により生活に困窮している方に対して貸付を行います。生活福祉資金貸付制度の窓口は各地域に存在する社会福祉協議会が担っています。具体的な貸付の種類は以下の通りです。
  1. 総合支援資金(生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費)
  2. 不動産担保型生活資金(不動産担保型生活資金、要保護世帯向け不動産担保型生活資金)
  3. 福祉資金(福祉費、緊急小口資金)
  4. 教育支援資金(教育支援費、修学支度金)
そして、生活福祉資金貸付制度を利用してお金を借りるための条件としては、
  1. 生活に必要なお金を他から借り入れできない低所得者世帯
  2. 仕事に就くことが困難な65歳以上の高齢者世帯
  3. 障がい者手帳を持っている障がい者世帯
を満たすことが必要です。この制度を利用してお金を借りられると、利息を非常に安くすませることが可能です。とはいえ、国の貸付制度の審査基準は大変厳格なのでよほど生活に困窮しているような方でないと審査は通過出来ない可能性が高いです。年金や失業保険を受給中、生活保護を受給中、他の借入が利用可能などの場合、生活福祉資金貸付制度を使っての借入はできません。

奨学金制度の利用

進学の際、必要となる学費・生活費等を支援してくれる奨学金制度があります。奨学金には大きく分けて、給付型と貸与型の2種類があります。「給付型」の奨学金は大学を卒業してからお金を返還する義務がありません。また、「貸与型」の奨学金は、大学を卒業してから、借りたお金を返還しなければならいものです。奨学金制度の代表的なものとして
  1. 日本学生支援機構の奨学金
  2. 民間団体・その他の奨学金
  3. 大学独自の奨学金
  4. 地方自治体の奨学金
などが存在します。

奨学金の審査は大変厳格です。学業成績はもちろん、必要な学費の総額や通学に使用する手段までも見られます。

親戚・家族等にお金を借りる

親戚や家族など身内の方からお金を借りるという方法もあります。契約行為をすることができない中学生や高校生など未成年の方にとっては、実質的にこれが現実的な方法となるでしょう。

しかし、気をつけなければいけないこともあります。それは、1.きちんとした利用目的を伝えること、2.親戚間や家族間のトラブルに発展しないように注意すること、の2点です。

親戚や家族からお金を借りるときにはほぼ間違いなく利用目的を尋ねられます。このときに、相手を納得させられるだけのまっとうな理由が必要です。また、きちんと返済しておかないとお金の貸し借りの問題は大きなトラブルに発展しかねません。

学生ローン

大学生の方なら、学生ローンの利用も選択肢になります。学生ローンの審査では、借りたお金の利用目的(使い道)が重要視されます。利息は高くなってしまうというデメリットはありますが、ちゃんとした利用目的があるなら学生ローンの利用を検討されてみてもよいでしょう。

ビジネスローン

事業用の資金としてお金が必要なら、ビジネスローンを利用してお金を借りるという方法もあります。ビジネスローンであれば、総量規制対象外なので年収の3分の1以上の借入も可能です。低金利で借入が可能というメリットはありますが、審査に数日から1ヶ月程度とそれなりの期間が必要なので、急ぎでお金を借りたい場合には向いていないでしょう。

銀行系カードローンを使う

都市銀行や地方銀行が実施する銀行系カードローンには、1.比較的低金利、2.審査が一段と厳しい、3.借入までに時間がかかる、という特徴を持っています。多少なりとも安い金利は魅力的に感じる人もいるかもしれませんが、実際にお金を借りられるまでに時間がかかってしまうので、急いでお金を借りたいという人のは適していない方法です。

クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りる

クレジットカードのキャッシング機能を利用してコンビニなどのATMからお金を借りる方法もあります。クレジットカードには、買い物の支払いに使うショッピング枠の他に、お金を借りられるキャッシング枠も設定されていることがあります。キャッシング枠の有無はカードや申込時の内容により異なりますので、お手持ちのクレジットカードがキャッシングに対応しているかどうか一度確認してみて下さい。なお、クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りる場合には、金利手数料が多くかかってしまうことに注意が必要です。なぜかというと、多くの場合は最大金利である年率18%という高率の金利手数料が設定されているためです。また、早期返済して利息を安く済ませようとしても繰り上げ返済に対応していない点も不利です。

銀行の目的別ローンを使ってお金を借りる

銀行系のカードローン以外にも、銀行には様々な目的別ローンもあります。銀行のカードローンと目的別ローンは何が違うかというと、利用目的が制限されているかどうかにあります。銀行系カードローンでは借りたお金は別に何に使ってもかまいません。それに対して、目的別ローンでは、マイカーローン、リフォームローン、教育ローン、ブライダルローンなど、借りたお金の利用目的が決まっています。

銀行の目的別ローンは、比較的低金利で利用可能というメリットがありますが、審査に相当時間がかかってしまいます。そのため、今すぐにでもお金を借りたいという方には向いていません。また、利用目的が合致しない場合にも借りられないという問題もあります。

街金融(まちきんゆう)でお金を借りる

街金融(まちきんゆう)は、小中規模の消費者金融業者です。有名な大手の消費者金融と比べると知名度は劣りますが、業務内容は同じ事です。貸金業者としてきちんと登録して事業を行っており、個人向けの融資を業務内容としています。大手の消費者金融は全国的に展開しているのに対して、特手地域のみで営業をしていることが多いです。

注意点としては、中には貸金業の登録を行っていない違法業者が紛れている可能性があることです。そこで財務局のウェブサイトできちんと貸金業者登録がなされているかどうかを確認してから街金融を利用するべきです。

闇金 ※危険でNGな借り方の例

初めに断っておきますが、ヤミ金では絶対に借りないで下さい。(ここでは注意喚起の意味でご紹介していきます。)ヤミ金業者は貸金業法上の貸金業者登録をせずに違法に個人への貸付を行っている業者です。法外な利息で貸付を行った上、厳しい取り立てで債務者を追い込むというイメージは、テレビドラマ、映画、漫画などで定着していると思います。

ヤミ金業者は、貸金業者としての登録を行っていないため、財務局のウェブサイトで登録されているかどうかを確認すればすぐに見抜くことが出来ます。

ろうきん

「ろうきん」というのは、労働金庫の略称で、労働金庫法に基づく業務を実施する協同組織金融機関です。全国に13の団体が存在しており、住所地によって利用できる団体が異なってきます。例えば、大阪府、奈良県、京都府、和歌山県、滋賀県、兵庫県にお住まいのかたであれば近畿ろうきんです。ろうきんにもカードローンが存在しており、その地域で働いている人なら利用可能です。

今日中にお金を借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

CMでもおなじみのアコムは、初めてお金を借りる人も安心して利用可能な人気のカードローンです。はじめての利用の場合、30日間無利息で借入れができます。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、【申込み⇒審査⇒借入れ】という一連の流れがネットで完了します。審査スピードにも定評があり、いち早くお金を借りたい多くの方に利用されています。初めての利用なら30日間無利息(※1)で借入できます。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。